相互リンク受付中です( ´∀`)

2009年08月16日

犬と私の10の約束(いぬとわたしのじゅうのやくそく)

inu.jpg

おいらは犬を飼ったことはありません
犬や猫、かわいいですね
犬を飼う場合、どうやら約束をする必要があるらしいですよ


以下、犬との10の約束です

1.私の話を がまん強く聞いてください
2.私を信じて 私はいつでもあなたの味方です
3.私とたくさん遊んで
4.私にも心があることをわすれないで
5.ケンカはやめようね
6.言うことを聞かないときは 理由があります
7.あなたには学校もあるし友達もいるよね でも私には あなたしかいません
8.私が年をとっても 仲良くしてください
9.私は10年ぐらいしか生きられません だから 一緒にいる時間を大切にしようね
10.あなたとすごした時間をわすれません 私が死ぬとき お願いします そばにいて




10の約束を読んだだけで うるっときてしまいました (TдT)



犬と私の10の約束

犬と私の10の約束

  • 作者: 川口 晴
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/07/28
  • メディア: 単行本



 
 続きっす
posted by びび at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

BAKUMAN(バクマン。)

bakuman1.JPG
参考資料:第01巻

ぶらっとコンビニへ
WBCの日韓戦(2009/03/20)を見ていて、突然酒が飲みたくなった

昼間っから酒かよ!

や・・・た、たまにはいいんじゃないかと・・・(;´Д`)
日韓戦をTVで酒飲みながら応援しようと思ったんだよ
ほら、野球観戦にビールはつきものでしょう ( ´∀`)



コンビニの本棚をチラッと見る
「小畑 健」の名前が見えたので、棚からコミックを一冊
パラパラとめっくった後、原作者に「大場 つぐみ」の名前を見る
「DEATH NOTE」のコンビがまたマンガを描いている

ふーん・・・( ̄-  ̄ )




しゃーねーなー、読むかー!?



バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
 続きっす
posted by びび at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

わたしは真悟(わたしはしんご)

shingo.JPG
参考資料:文庫本 第01〜07巻

読んでしまった・・・


結論・・・




分からんっす ( ´∀`)




やー、全然分からないわけじゃないんだ。
ただね、なんつーか・・・

「愛」ってなんなんだろう・・・

深いですよねぇ。
「愛」って、なんなんでしょうね。
「愛」・・・という言葉は知ってるんですがね。
じゃぁそれを説明できるかというと、(-_-)ウーム



科学は人間の生活を便利にしてくれが、絶対ではない。
科学で証明できないことはたくさんある。
「愛」も、たぶん、その一つだろう。
 
 
灯りをともしてライトアップ!
あなたのアイデアでインテリアのアクセントに。


 
 
続きっす
posted by びび at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(きどうせんしがんだむ ざ おりじん)

gandamu1.JPG
参考資料:第01〜16巻


面白いっすねぇ ( ´∀`)


まー本編はTVで見たので内容は知っていましたが、子供の頃に見たんで詳しい内容までは分かっていなかったんですよね。
ロボは登場しますが、なんたって戦争を描いているわけですから。
子供心に戦争が理解できるはずもなく・・・
あらためて読んでみてやっとストーリーが繋がった、という感じです。


ガンダムっす。
初期のガンダムのマンガっす。
アムロがガンダムに乗ってシャアと戦うやつっすね。
地球連邦軍 vs ジオン軍、です、はい。





続きっす
posted by びび at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

タフ外伝OTON[おとん](たふがいでん おとん)

oton1.JPG
参考資料:全01巻

2008年6月15日(日)は父の日です。
何を送ればよいのやら・・・(´-ω-`)
母の日の定番はカーネーションだが、父の日の定番はなんだ?
父の日は白い花がいいらしいが、かといって白い花を貰っても微妙だろうな。


タフってマンガの外伝です。
本編は「高校鉄拳伝タフ」、今はその続編の「TOUGH[タフ]」っすな。
現在(2008/05/24現在)もたぶん連載中なんですかね。

本編も面白いっちゃー面白いっすが、長いんでねぇ・・・このマンガ。
次から次へと強い奴がでてくるっつー展開でして。
格闘マンガにありがちなインフレってやつですか!?
キン肉マンが95万パワーから始まって、最後のほうには1億パワーぐらいまでいってしまったというインフレ現象ですね。

数を大きくすればいいってもんじゃねーだろ

まぁそうは言っても力を数値化するのがてっとりばやいんだよ。
そうしたほうがわかりやすいだろう。
頭脳戦なんて書く気はさらさらないのさー ┐(´∀`)┌
鉄腕アトムだって100万馬力にしてあいつを・・・

ま、タフってマンガの主人公のキー坊のお父ちゃんの話っす。


続きっす
posted by びび at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

クローズ(くろーず)

kuro-zu1.JPG
参考資料:全26巻

今更クローズ読んでみた!

やーなんかね、新しい会社の人と話していたらクローズの話がでてきてね。
隣に座ってる男も、その隣に座ってる女もクローズの話を時々しているし。
クローズっていやー噂はちらほら聞いてはいたけれども、全く読む気が起きなかった。



ミーハーだと思われなくないからな!!!




いや違うんだ、そーゆーわけではないのだが、なんつーかそのー・・・
不良喧嘩マンガ、とでも言えばいいのか。
なんて言えばいいんでしょうね。
この手のマンガは興味が沸かないのだよ。

何故なんだろうな。
クローズが大好きそうな会社の人は湘南爆走族やらビーバップハイスクールやら、なんかその辺のマンガも好きだったり映画の時の逸話とかも知っていたりと・・・
とりあえず分かったことは、その人とはマンガの趣味が合わない、ってことだ。

発売元:バンダイ(ガシャポン商品)
商品名:男前豆腐店・男前手ぬぐい
キャラクター:5・喧嘩上等やっこ野郎

続きっす
posted by びび at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

よつばと(よつばと)

yotsubato1.JPG
参考資料:第01〜07巻

昼食によくカレーを食べる。
職場近くにある非常にうまいカレー屋だ。
そのカレー屋でよく見かける女性がいる。

そこのカレー屋には3種類のカレー(小辛・中辛・大辛)があり通常は1種類のカレーを食べる。
だがメニューには「2種盛りカレー」なるものもあり、例えば中辛と大辛といったように2種類食べられるというカレーもある。
「2種盛りカレー」は1種類のカレーよりもやや高くつくものの、2種類食べられるってことでなかなか好評だ。
そしてこの女性はこの「2種盛りカレー」に、さらにもう1種類付け足した3種盛りカレーを食べている!
3種盛りカレーはメニューには存在せず、ようは独自で金を付け足して3種盛りにしているのだ。
な・なんて贅沢なことを・・・

くそう・・・おいらもやってみたい!
が、2008年度の目標は健康管理。
よってあまり刺激的なものを食べ過ぎないようにしているのだ。
ここのカレーの大辛が大好物だが食べ過ぎると胃に・・・


まぁどうでもいいね。
んー、つまりだ、ある日偶然にもその女性がカレー屋さんでおいらの対面に座ってね、どうも「よつばと」なるマンガが面白いような話をしていたのだよ。
なんでまぁ読んでみっかなと思ったわけだ。


続きっす
posted by びび at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

風の谷のナウシカ(かぜのたにのなうしか)

nausika1
参考資料:全7巻

筆:「風の谷のナウシカって映画を知ってるかい?」
子:「うん、知ってるよ」
筆:「ほう、どんな内容だい?」
子:「んーと、なんか虫がいっぱい出てくるやつ」
筆:「うん、そうだね」
子:「空を飛んりして・・・んー、なんかよく分かんないやー」
筆:「女の子が主人公のやつだね」
子:「あー、そうそう、なんか空飛んだり、虫と戦ったりして・・・」
筆:「・・・で、結局どうなったんだっけ?」
子:「んー・・・」
筆:「覚えてない?」
子:「・・・虫がいた」
筆:「いたねぇ」
子:「・・・空飛んでた」
筆:「飛んでたねぇ」
子:「そんな感じのやつ」
筆:「うむ!」

筆:「実はね、あれ、続きがあるんだよ」
子:「へー」
筆:「ほら、オームとかって巨大な虫いたろう」
子:「あー、いたいた」
筆:「あの虫ってどうやってできたんだろうね」
子:「んー・・・」
筆:「あんなでっかい虫いないじゃん」
子:「・・・」
筆:「ほかにもでっかい虫いたでしょ」
子:「・・・覚えてないよ」
筆:「そか・・・」

筆:「言っても分からないかもしれないけど、あの虫たちは人間の手によって作られた物なんだよ」
子:「・・・ふーん」
筆:「火の七日間、と呼ばれる戦争によって人々は壊滅的な打撃を受ける」
筆:「その後突然変異的に生まれたオームやその他の巨大な虫たち、さらには腐海と呼ばれる細菌の森」
筆:「それらの生物は火の七日間の前後、一部の人間たちの手により作り出されたものだった」
子:「・・・」
筆:「巨神兵とは「裁く者」、そして裁きを受けるのは人間」
筆:「生き残ったわずかな人間たちは、荒野と化した地球で黄昏の時代を生きる」
筆:「地球再生の時、しかし醜い人間はわずかに残った土地により戦争を繰り広げる」
子:「・・・あ、マリオ」
筆:「はたして人間、そして地球の未来は?」
筆:「目に見えぬ運命に導かれるナウシカ・・・」
子:「マリオ」
筆:「青き衣をまといて金色の野におりたつ・・・」
筆:「すべての謎を解くべくナウシカは旧世界の遺物であるシュワの地へと向かう」
子:「あぶねっ」
筆:「・・・」
子:「ふぅ」
筆:「・・・・・・聞いてた?」
子:「んっ?!」
筆:「・・・」
子:「マリオやろうぜ」
筆:「・・・・・・うむ・・・(´-ω-`)」

続きっす
posted by びび at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

海皇紀(かいおうき)

kaiou1
参考資料:第01〜31巻

う〜ん、かい〜よ〜、かい〜お〜、かいおう、海皇紀。
ドラゴンボールでこんなフレーズありましたな。
ま、最後は「界王」でしたが。

この作品のいいところはなんだろう、とふと考えた。
ハッキリ言おう、とてーもハマっている!
なんでこんなにハマっているのだろう・・・
読み始めると止まらん。
やっぱ斬新さなんだろうか?

海を舞台としたマンガってそうないんじゃないかな。
ま、正確にいえば海だけじゃないんだろうけど、メインは海ですよね。
海が舞台なマンガって有名どころでは沈黙の艦隊でしょうか。
今なら(2007/05現在)ジパングなるタイムスリップ作品がありますね。
これも一応舞台は海ですね、エイジス艦ですからね。
それ以外となると・・・うーん、思い浮かばん(´-ω-`)

続きっす
posted by びび at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

14歳(じゅうよんさい)

14sai1.JPG
参考資料:文庫版 全13巻

ショコタン(中川翔子)がこよなく愛するキャラ チキン・ジョージ の登場するマンガ。
チキン・ジョージとはチキンのササミ製造工場から突如生まれた生物で、人類以上の知能を持ち、首から上は鶏で体型は人間。
どーみても化け物です、はい。
そしておそらく本作品の主人公・・・・・・だろう、たぶん。

テーマがとても深いです。
人間は罪深き生き物、地球上の植物・動物を殺し繁栄する人間。
地球にとって人間は有害であり、人間の傲慢によって人間は地球を殺してしまう。
そして地球が最後にとった行動とは、人間に植物の未来を託すということだった。
やがて地球には植物の全遺伝子情報を持った緑色の子供が生まれる。

やー、オモスレー。
楳図かずお作品といえばホラーマンガを連想しますが、長編物の作品には人生哲学のような奧の深い・濃い内容がつまってますな!


続きっす
posted by びび at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

天 天和通りの快男児(てん てんほどおりのかいだんじ)

ten1.JPG
参考資料:全18巻

巨匠福本の作品である。
福本の作品といえばやっぱ「アカギ」、「カイジ」が有名どころか。
だがあえてそこはいかない。
理由は・・・・・・・特になし( ´∀`)


この人の作品は博打物が多いよねぇ。
当然本作品も博打物、それも麻雀だ。
好きなものでないと漫画は書き続けることはできないと思う、まぁこれは漫画だけに言えることではないだろうが。
つーわけで作者自身がたぶん博打好きなんだろう。

福本の作品といえばやっぱここだろう、ここしかない。
それは・・・


「ざわざわ」


続きっす
posted by びび at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

そんな奴ァいねえ(そんなやつぁいねえ)

sonna1.jpg
参考資料:第01〜05巻

4コマ漫画の代表作といえばなんだろう。
( ̄~ ̄;) ウーン 思い浮かばない。
好きな作品はあるが、代表作と考えると分からんなぁ。
サザエさんなのか・・・それともコボちゃん?
ま、長編=代表作、だとは思わないけども。

印象深いのはやっぱ「伝染るんです」ですかねぇ。
知り合いがよー「オチがねぇ」と言っていた。
でもそのオチがなく終わるところが斬新だった。
「傷だらけの天使たち」や「コージ苑」なんかもよかったねぇ。

でもやっぱ最強は・・・



みこすり半劇場じゃねwwwwwwwwww

続きっす
posted by びび at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

龍-RON-(りゅう-ろん-)

ron1.JPG
参考資料:全42巻

ふぅ・・・やっと読み終わった。
やー、長い。ほんと長い。
全42巻もあればそら長いんだが、なんというかがとても多い。
おまけに青年誌であるため漢字にあまりふりがなが振ってない。


読めない漢字いっぱいです( ´∀`)


まぁ、これはおいらの教養がないだけなんですけどね、ウヘヘ

字の多さは内容の濃さに比例する。
内容が濃いためきちんと読んでいかないとストーリーについていけない。
早読みなどしようもんなら頭からすぐにストーリーが飛んでしまう。

続きっす
posted by びび at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

涼宮ハルヒの憂鬱(すずみやはるひのゆううつ)

haruhi1.JPG
参考資料:第01〜03巻

( ´ー`)フゥー...

なんとなく読んでみた。
ちょっと興味があった。
涼宮ハルヒは・・・なんだっけ、心に思ったことを実現する能力があるとかなんとか。
んで宇宙人とか未来人とかが出てくるとか。
ほむ、面白そうだ。

んで読んでみた。
ふむ・・・


ありゃ、これはラブコメですね!

続きっす
posted by びび at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

GET!フジ丸(げっとふじまる)

getto.jpg
参考資料:第01〜07巻

知らんぞ、そんなマンガ!
とか言わないように。

先日、古いマンガを捨てようと思って整理していた。
ほんで出てきたのがこのマンガだ。
うーむ、懐かしい。
整理の手を一旦とめてちょっと読んでみる。
ふむ・・・



1度読み出すととまんねー( ´∀`)

続きっす
posted by びび at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

20世紀少年(にじゅっせいきしょうねん)

nijuseiki1.JPG
参考資料:第01〜22巻

読んだ、読みましたよ。
どうなのこの作品、どうなの。
おもしろいの、おもしろいのかねこの作品。

賛否両論あるだろうが、筆者的には


もったいぶってねーでさっさと描け


って感じだ。
たいだいなんで結末を引き延ばしているんだ?(2006/12現在)
意味が分からん。

続きっす
posted by びび at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

のだめカンタービレ(のだめかんたーびれ)

nodame1.JPG
参考資料:第01、09巻

昼食時、おばちゃん二人組がやっている定食屋をよく利用している。
そこに今週から置いてあったのがこのマンガ。
のだめカンタービレ、なんだか聞き覚えがあるようなないような・・・

ぐぐってみたが、なにこれ現在ドラマ進行中なの!?(2006/11/22時点)
しかもアニメ化もするとかなんとか・・・
ってことは結構有名なのね。
ほむ、全然知らない( ´∀`)
先週までこのマンガは置いてなかった。
今週から置いてあったのはたまたまなんだろうな。

まぁいいや、読んでみた。


・・・


( ゚Д゚)オモスレー

続きっす
posted by びび at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

日本沈没(にほんちんぼつ)

nihontinbotu1.JPG
参考資料:第01〜03巻

飲食店屋でスピリッツを読んでいたら「日本沈没」なるマンガを発見。
ふむふむ、なかなかに面白そうだ。
ってなわけで読んでみた。

これって最近映画化してたんだね。(2006/10/26現在)
しかもリメイク版。
ちょっと調べてみたが原作は1973年に作られた物らすい。
ふむ、なるほど、映画化するほど面白いってこった。

このマンガの絵を描いている人、一色登希彦。
いしきときひこ、と呼ぶんだそうだ。
読めねー、完全に当て字だ。
どーゆー意味があるんだろう・・・

なんか絵が見たことあるようなないような絵だ。
正直あんまうまくはない。

続きっす
posted by びび at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

破妖の剣(はようのけん)

hayou1.JPG
参考資料:破妖の剣 深紫弦韻 第01〜02巻

おばさん二人組が経営している小料理屋で昼飯を食うのが最近の楽しみの一つなのだが、この小料理屋にこのコミックが置いてあった。
なにげに手に取って読んでみたのだが、なかなか面白いではないか。

ぐぐってみたがこれ元は小説なんだね。
外伝とかもあったりして結構有名なのかな?

うん、面白い。
面白いのだが・・・


なんでこれ2巻しか出てないの(´Д`;)


つ・続きが気になるのだが・・・

続きっす
posted by びび at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

キャプテン翼(きゃぷてんつばさ)<後編>

さて後編。

キャプテン翼の影響を受けているサッカーマンガは多い。
まぁサッカーマンガの出発点だしな、当然か。
が、時々悪い部分まで引き継いでいるような気がする。

えっ、どの辺が悪い部分かって?
そんなこと言えませんがな( ´∀`)

しかし、この作者、キャプテン翼から脱出できないねぇ。
ゆでたまごがキン肉マンから脱出できていないのと一緒だな。
結局キャプテン翼を描いている。
他のマンガを描くことをあきらめているのだろうか・・・

続きっす
posted by びび at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。