相互リンク受付中です( ´∀`)

2009年11月18日

カツラーとはなんぞや?

ハゲは病気である



・・・だそうだ
病気とは心の病気であるとのこと

最近すっかりハゲたなぁ
でも、まぁいいや、さんざん悩んだし
自分はハゲとして生きていこう!

と、前向きに考えた時、心の病気から解放されるようだ

ハゲの気持ちは分からない
なんとなーくは想像できるが
その心の深淵、深く刻まれた心の闇は誰も分からない

ハゲはコンプレックスを生む
そのコンプレックスを埋めるためにカツラを着ける
のだが、そのカツラがさらにコンプレックスを増大させてしまう!


カツラーの秘密

カツラーの秘密

  • 作者: 小林 信也
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「アルジャーノンに花束を」という小説をご存じでしょうか?
手術により白痴から超天才へと生まれ変わった主人公
だが手術には大きな欠陥があり、しだいに知能を失っていく
なんとか知能低下の進行を食い止めようと模索するが・・・

とても悲しい物語です
これに通ずるものがカツラー(カツラをかぶる人をこう言うらしい)にはありますな

しだいに髪を失っていく
なんとかハゲの進行を食い止めようと模索するが・・・

「カツラーの秘密」の本を読んでいて、一瞬だけうるっと来てしまいました (TдT)


カツラの最大の敵はだそうです
次が汗(水)だそうです


「春」とか風が強いから大変なんだそうですよ
じゃ、帽子をかぶればいいじゃん、ってなりますが
帽子をかぶると頭がつぶれますね、これがまずいらしいです
帽子を取る瞬間は言わずもがな

だるまさんが転んだ、って遊びありますよね
あれをリアルでやっているのだそうです
会社の同僚と道で歩いているとして、その時突然突風が・・・
「カツラがずれたかも!?」
と思っても同僚の手前カツラを直すことはできない
だが道を歩いていれば通行人の往来はあるわけで
一瞬同僚の後ろに回ることもできるわけです

同僚と横並びで歩いていて対面から人が来た場合、その人を避けようとして一瞬縦に並ぶ瞬間ありますよね
その瞬間同僚の後ろに回り込みサササッと乱れたカツラを直すわけです
そして何事もなかったようにまだ同僚と横並びするわけです
カツラを直している瞬間を見られたら負けなんです (´-ω-`)

とにかく「頭」に対しての防御力がハンパないそうです
「頭にゴミがついてますよ」
とか言われて親切に頭に付いたゴミを取ろうと、自分以外の他人の手が頭に近寄ってきたりしたら・・・
プロボクサー並の頭の回避スピード、そして堅牢な素手ブロックを見せるらしいです

いやー、カツラーの気持ちは
なんというか、やっぱカツラーになってみないと本当のところは分からないんでしょうね
ハゲのコンプレックスを払拭しようとカツラを着けたはずが
そのカツラによってさらなるコンプレックスを生み出してしまうという、この負の連鎖!
なんかちょっとショックでした

髪の毛が今生えていることに感謝しないといけないなぁ、と考えさせられました
ちなみにア○ランス、アー○ネイチャーはダメらしいです
スヴェンソンが(・∀・)イイ!!らしいですよ


カツラー危機一髪 そのとき『カツラ』が動いた

カツラー危機一髪 そのとき『カツラ』が動いた

  • 作者: 小林 信也
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2006/05/30
  • メディア: 単行本



posted by びび at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。